医療訴訟の原因は手術ではないこともある

医療事故の時だけ医療訴訟が起きるわけではありません。その原因は様々であり手術と関係ないことでも訴訟が起きることもあるのです。これまでは大半が手術や医療行為によるものばかりでしたがそうではないことでも起きるのです。

医療行為を巡る患者の死亡などはリスクが高い

場合にはどう医療者にとって医療行為を巡る患者の死亡例、これは、本来は予測できないことですので患者の家族から医療訴訟を起こされることもよくあります。

確かに人は、この手術の成功率は1パーセントだと言われていた場合には万が一失敗してしまったとしても失敗する確率はもともと99パーセントだったわけですから、納得して文句など言いませんし訴訟を起こそうなどと考えません。

しかしほぼ助かるだろう、失敗するはずがないという手術で、万が一失敗してしまったでしょうか。そのようなことが起きてしまった場合には容赦なく、訴訟に発展してしまうといってもいいでしょう。

手術や医療行為などの治療では予測していたことが起きず予測できないことになったときには訴訟が起きてしまいます。

ですから、医療行為によって死亡が起きた場合には医療者は訴訟されるのではないかと心配してしまうのも無理はありません。

手術や医療行為以外のことでの訴訟も増えている

以前は上記のように、医療行為や手術に関係する訴訟ばかりだったのですが、今は対応や行動、発言でも訴訟を起こされることが増えています。看護師のその行動が良くなかった、その発言が精神的な負担や苦痛につながったと患者が言えば、それは目に見えないことではあるのですが、訴訟につながってしまうのです。

医療者と患者の間で信頼関係が築かれていればそのようなことはなかったはずですし、何をするにしても相手の立場に立ってきちんと説明をして同意を得ていればこのようなことにはならなかったでしょう。

しかし説明と同意をきちんと得る前に医療行為を進めてしまったり、治療をしてしまうことが原因で双方の間に様々な考え方の違いなどが生まれてしまい訴訟につながってしまいます。

こうしたことにならないためには、万が一のことに備えた説明などは丁寧に、そしてどのようにして対処するのが良いのか、それをしっかりと考えて置く必要が有るでしょう。